いくつかの方法

顔に触れる女性

何度か繰り返す必要がある

小顔になる方法を考える時には大きく分けてメスを入れて骨の骨格から変える方法と、注射などで骨は変化させずに顔を小さく見せる方法に分かれます。顔の大きさは主に骨格で決まりますが、骨格が小さかったとしても脂肪がたくさんついていたりすると顔が大きくなってしまいます。そのため、顔に脂肪がたくさんついている状態で小顔になる方法を考える時には、骨格を変えることと同時に脂肪を取ることも必要になってきます。メスを使う方法は一度行うと元に戻すことが難しくなるという特徴があるので、施術を受ける前には十分に考えてからにするようにして後悔しないようにしておかなくてはいけません。またそれに比べると注射をうつだけの施術は比較的気軽に行えるという特徴があります。顔の脂肪を取るための施術としては脂肪吸引術や脂肪溶解剤の注入などがあります。どちらも骨には作用しないので、骨格は変えることなくほっそりとした顔にすることができます。特にアゴ下などフェイスラインは脂肪がなくなるだけで、かなり顔のイメージが変わります。そしてこの方法は顔だけが太っているという人にも最適で、身体は細いけれど顔だけに脂肪が付いているという場合には、顔の脂肪を減らすことで全身のバランスをとることができます。小顔になる方法はいくつかありますが、気をつけないといけないことは注射などで行える方法は一度だけでは効果が十分に出ないことがあるということです。脂肪溶解剤を使用する方法はほとんど副作用もなく手軽に行える方法ですが、一度の施術だけで希望通りの状態にすることが難しいこともあります。脂肪溶解剤を使用する方法は同じ分量の薬剤を使用しても、あらわれる効果には個人差があります。脂肪吸引のような方法の場合には、施術を行う時に目で見ながら脂肪の量を調整できるので、一度で希望の状態に近づけることができます。しかし、脂肪溶解剤は薬剤を注入してから効果があらわれるまでに時間がかかるので、施術が終わった時点ではどのような効果がでるかがわかりません。さらに最初の施術は効き目があらわれにくいという特徴があるため、1〜2週間おきに2〜3回の施術を行うことが多いようです。小顔になる方法として脂肪溶解剤を使用しようと予定している時には、1回では十分な効果が得られにくいと言うことを覚えておきましょう。しっかりと効果を出したい時には、連続して施術を受けると良いでしょう。その際には間隔が空き過ぎると、効果が半減してしまうことがあるので、少し先の予定まで考えてスケジュールを立てましょう。